利息をキャッシング利率から計算する方法

借りたお金に加えて、利息も返済額にプラスされることは、キャッシングを使う上では当然のことです。

1日2日の利息程度なら、さほどの金額ではありません。

しかし、長期の融資を受けていると、利息は少しずつふくらんで、無視できない高額になってしまいます。

金融会社から融資を受ける時は、返済の負担がつらくなりすぎないように、借入時には返済か終わるまでのビジョンをつくっておきましょう。

キャッシングでお金を借りる前に、負担する利息額の総額を把握しておくことが大切です。

キャッシングの利息額の計算方法はそれほど難しくはありませんので、自分で計算することも可能です。

利息は借入残高残高に対して発生しますので、まずは借入残高に利率をかけます。

1年借りた場合の利息額のままでは、日割りの計算に使うことはできませんので、その数字を365で割り、1日利息がどのくらいふえるかを計算します。

1日当たりの利息に対し、借り続ける日数を掛けることで、最終的な利息額を算出できます。

一般的には、キャッシングを利用した場合、月に1回決まった日に返済をすることになっています。

だんだん完済までに必要な金額は減っていき、利息も少なくなります。

キャッシングに関する情報を発信している人気ランキングサイトなどでは、返済計画を無料でシュミレーションすることもできます。

予想しなかった急な出費が発生することもあるので、ぎりぎりの返済ではなく、少し余裕を持たせることが大切です。

キャッシングの利息額を計算することによって、毎月の返済金額を把握して、返済によって生活が苦しくならないようにしましょう。



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。